English
2018-06-29 | YIDFF 2019 プレ・イベント × やまがた市民映画学校
ドキュ山フェス 劇場は星夜にて

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019 プレ・イベント × 平成30年度山形市創造都市推進活動 やまがた市民映画学校
〈ドキュ山ユース〉企画 野外上映会

ドキュ山フェス 劇場は星夜にて

729日[日]
 17:00(18:30 終了予定)
ワークショップ同時開催(どちらかをお選びください)
  • コマ撮りワークショップ「じゅっきーくんと映画をつくろう」
    デジタルカメラを使ったアニメーションづくり体験。じゅっきーくんとおもしろ楽しいアニメーション映像をつくってみよう。完成作品は暗くなってから野外スクリーンで上映します。子どもから大人まで参加大歓迎!
  • 国際理解ワークショップ「世界がもし100人の村だったら」
    山形国際ドキュメンタリー映画祭は、2年に一度、「世界のいま」を知ることができる貴重な機会です。そこには驚きや発見、そしてたくさんの表情が溢れています。そんな世界の人々に想像をめぐらせる、賑やかに楽しみながら参加できる国際理解ワークショップ。野外上映作品『どこに行く』の理解を、より深めましょう。小学校高学年〜大人対象。

 19:10(20:10 終了予定)
野外上映会
どこに行く監督:ニアン・カヴィッチ/カンボジア、フランス/2012/Blu-ray/55分/YIDFF 2017 ともにある Cinema with Us

パティカは18歳の青年。顔も知らない父親は、カンボジア内戦が終結し、初の選挙が行われた1992〜93年、国連の暫定統治下の平和維持活動で駐留したカメルーン人だった。肌の黒い私生児として差別されて育った青年が、未来を切り拓くため立ち上がる。アイデンティティを求める精神の旅路。パティカ青年の涙が胸を打つ珠玉作。

 キッチンカー来場!
17:00より会場にアジアン・フードの屋台「ニコル食堂」がオープンします。ご飲食をしながらイベントをお楽しみください。
[会場]文翔館 県政史緑地(文翔館北側)
※お気に入りのレジャーシートをご持参ください。雨天時は議場ホールに場所を移しての開催になります。
[料金]入場無料(「アジアン・フード」は有料です)
[主催]ドキュ山ユース、認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭
[協力]認定NPO法人 IVY(アイビー)、IVY youth、樹氷のじゅっきーくん
[助成]公益財団法人 山形県国際交流協会 平成30年度民間国際交流団体活動推進支援助成
[問い合わせ]phone: 023-666-4480(映画祭事務局)

〈ドキュ山ユース〉仲間募集中!

 ドキュ山ユースは、山形国際ドキュメンタリー映画祭でボランティアをした高校生の有志を中心に結成されたユースチームです。ドキュメンタリー映画の魅力や「映像文化創造都市やまがた」をもっと地元の方々、とくに若者に知ってもらいたいという思いで活動しています。ただいま新規メンバーを絶賛募集中です! 私たちと一緒に映画上映会をつくってみませんか?