English

認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭 ご支援のお願い


〜山形国際ドキュメンタリー映画祭は、皆様からいただく年会費やご寄付、ご協賛などで運営されています〜

 山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)は、映画の作り手と観客がボーダレスに対話をし合える場、映画とのかけがえのない出会いを演出する空間としての国際映画祭を、この山形の地で、観客、市民の皆様と一緒になって育てています。第9回開催までの主催者であった山形市から2007年に特定非営利活動法人(NPO法人)として独立以後は、映画芸術・文化を通したコミュニティの活性化に力を入れ、映画祭開催に加えて、通年での上映会活動(稀少な作品の鑑賞機会の提供)、子ども映画教室(若年層への映像教育)、学術分野への研究サポート、東日本大震災に関する映画作品と付随資料のアーカイブ化など、多岐にわたる活動を行っています。

 これらの活動は、山形市からの補助金の他、当NPO法人の正会員・賛助会員、寄付者、協賛企業、助成団体の皆様からのご支援で成り立っています。2013年10月には、より社会的な信頼性の高い組織として「認定」を取得し、認定NPO法人となりました。これにより賛助会員の会費、ご寄付は税制上の優遇措置を受けられるようになっています。

 皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

山形国際ドキュメンタリー映画祭 組織について



寄付をする

 ご寄付は税制優遇の対象となり、寄付金控除を受けることができます。
 寄付金額:一口3,000円より

詳しくはこちら 寄付をする



正・賛助会員になる

 山形国際ドキュメンタリー映画祭を継続的に応援してくださる方のための「応援会員」制度です。「正会員」は、総会での議決権を持ち、本映画祭の運営に積極的にご参加いただけます。総会への出席が難しい方はサポーターとしてご支援いただく「賛助会員」をおすすめします。賛助会員の会費は税制優遇の対象となり、寄付金控除を受けることができます。また会員特典もございます。ぜひご検討ください。

今年度4月より個人賛助会員の会期・会費額が変わりました!

 令和元年度通常総会(令和元年5月18日開催)において、令和2年度より、賛助会員(個人)の会費と会員期間を下記の通り変更することが決議されました。

  1. 賛助会員(個人)会費の変更
    令和2年より賛助会員個人の年会費を一口10,000円から5,000円とする。
  2. 賛助会員期間の変更
    賛助会員の会員期限はこれまでは「入会より1年間」であったが、令和2年より「入会年の4月1日から翌年3月31日まで」とする。(正・賛助会員共通)

 より広く、できるだけ多くの方々に当映画祭を知っていただき、活動を支えていただけるようにするため、個人賛助会員の会費が 一口5,000円 となりました。正会員様同様、賛助会員の皆様からいただく会費は当映画祭の運営にとり最も重要な財政基盤であり、そのご支援がなければ、今後の安定的な映画祭開催も危うい状況です。未入会の皆様にはぜひこの機会にご入会いただき、当映画祭のサポーターとして映画祭の活動を支えていただきますよう心よりお願いいたします。またぜひご友人、お知り合いの方々にもご周知ください。

※企業・団体会員様の会費は、これまで同様、正・賛助会員ともに年会費一口30,000円と変わりません。

ご入会の流れ、お手続きなど、詳しくはこちら 会員になる



 ご不明な点は山形事務局までお問い合わせください。皆様のご支援をお待ちしております。

問い合わせ
認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭(山形事務局)
phone: 023-666-4480 e-mail: info@yidff.jp