English

寄付金控除について


寄付したお金の
約半額分が還付されます

 山形国際ドキュメンタリー映画祭は、2013年10月8日に山形県より「認定」を受け、「認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭」となりました。これにより、当法人にご寄付をされた方、賛助会員として入会された方は、確定申告によって寄付金控除を受けることができ、寄付した金額の約半分が還付金として戻ってきます。

※認定NPO法人とは、広く市民から支持を得ている等の基準を満たしていることを所轄庁から認定された特定非営利活動法人を言います。

 


個人の皆様がご寄付された場合

 寄付金から2,000円を引いた額の最大50%(国税分40%+地方税分10%)が戻ってきます。※1

【例】税額控除方式を選択して……

年間1万円を寄付した場合 年間5万円を寄付した場合
(1万円−2,000円)× 国税分40% = 3,200円

(1万円−2,000円)× 地方税分10% = 800円
 国税分40% = 19,200円

(5万円−2,000円)× 地方税10% = 4,800円
還付金額4,000円 ※2 還付金額24,000円 ※2
確定申告を行うことで、寄付金額の半額分が還付金になります

※1 住民税も寄付金控除の対象になり、控除割合は最大10%(都道府県民税4%+市町村住民6%)です。ただし、自治体によって異なります。
※2 控除額には一定の上限額があります。また、所得によっては従来の所得控除方式が有利となる場合があります。詳しくは最寄りの税務署にお問い合せください。

[ご注意]寄付金控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。その際に添付資料として認定NPO法人の“特定非営利活動に寄付した”旨が記載された「領収証」が必要となりますので、無くさないように保管してください。
※詳しくは国税庁Webサイト「認定NPO法人に寄附をしたとき」をご覧ください。

 

寄付で応援する   賛助会員で応援する