English

ヤマガタ・ラフカット!


1011日−12

 ラフカットとは、未だ作品にならないフッテージ、個人の切実な視点から荒々しく切り取られた断片……。「ヤマガタ・ラフカット!」では、日本を含むアジア在住・出身作家による4つの映像(ラフカット)をオンラインにて上映し、参加作家と参加者と対話を行います。

 本プログラムでは、これまで「共有」と「対話」に焦点を当て、映像から生まれた言葉やイメージを分かち合い、会場では特別な時間を過ごしてきました。今年はオンラインでの実施ならではの「共有」と「対話」の方法を探ります。制作者、批評家、研究者、観客……映画祭に集うあらゆる人々の立場を越えた対話の場にご参加ください。

※本プログラムは、作品の優劣を競う場ではありません。
※要事前予約。


オンライン上映とディスカッション

福島形相日記監督:鈴木光(日本) 11日10:30−12:30

マミーへのラブレター監督:長村ひかり(日本) 11日14:00−16:00

テグロルを追って ― 聖なる山の歌の守り人たち監督:バガネ・フィオラ(フィリピン) 12日10:30−12:30

あるフランス人男の死監督:パンカジ・リシ・クマール(インド) 12日14:00−16:00