English

Double Shadows/二重の影 2――映画と生の交差する場所


1010日−16日 [会場]CS 山形市民会館小ホール、YC 山形市中央公民館ホール(6F)

-
-

 YIDFF 2015で好評を博した企画の第2弾。本特集では、映画史あるいは映画そのものを直接的に主題とするだけでなく、複数のイメージが重なり合い、響き合うことにより、映し出された被写体が輝きを放つ作品を上映する。人生と映画を切り離すことはできないこと(C, D, J, K)、その土地に住むことが映画とは不可分であること(I, M)。法や権力の束縛からは逸脱する映像の力が世界には存在し(G, H)、断たれてしまった歴史を繋ぎとめようとするフィルムに命と真実が宿ること(L, N)。現実と虚構とが混交し、分身の実在を信ぜずにはいられないこと(A, B)、時代や場所を超えて、イメージ同士が互いに反響し存在が揺さぶられること(E, F, O)――映画と人生とが交差する地点に形を成す二重の影によって、多様かつ多彩な生の営みを浮かび上がらせる。


  1. ショウマン監督:アルバート&デヴィッド・メイズルス/1963/53分 15日15:20 CS
  2. マーロン・ブランドに会う監督:アルバート&デヴィッド・メイズルス/1966/29分 15日15:20 CS
  3. 富士山への道すがら、わたしが見たものは…監督:ジョナス・メカス/1996/24分 10YC(中央公民館ホール) | 15日18:00 CS
  4. メカスの難民日記監督:ダグラス・ゴードン/2016/100分 15日18:00 CS
  5. ある夏のリメイク監督:セヴリーヌ・アンジョルラス、マガリ・ブラガール/2016/96分 13日17:20 CS
  6. ある夏の記録監督:エドガール・モラン&ジャン・ルーシュ/1961/86分 13日15:10 CS
  7. あの店長監督:ナワポン・タムロンラタナリット/2014/80分 14日10:15 CS
  8. チャック・ノリス vs 共産主義監督:イリンカ・カルガレアヌ/2015/81分 14日12:15 CS
  9. さらばわが愛、北朝鮮監督:キム・ソヨン/2017/89分 12日14:50 CS
  10. アンジェラの日記 ― 我ら二人の映画作家監督:イェルヴァン・ジャニキアン、アンジェラ・リッチ・ルッキ/2018/125分(特別招待作品) 16YC(中央公民館ホール)
  11. パウロ・ブランコに会いたい監督:ボリス・ニコ/2018/117分 11日19:30 CS
  12. 声なき炎監督:フェデリコ・アテオルトゥア・アルテアガ/2019/85分 12日17:10 CS
  13. 木々について語ること 〜 トーキング・アバウト・ツリーズ監督:スハイブ・ガスメルバリ/2019/93分 13日20:00 CS
  14. 革命の花 ― ヴェトナム・ローズの日記監督:ジョン・トレス/2017/89分 15日13:00 CS
  15. イサドラの子どもたち監督:ダミアン・マニヴェル/2019/84分 12日19:20 CS 14日20:45 CS(振替上映)

展示
ジョナス・メカス「フローズン・フィルム・フレームズ」【入場無料】 11日−15日 市民会館小ホール