English

やまがたと映画

山形市はユネスコ創造都市ネットワークの
映画分野に2017年に加盟しました。

1011日−16日 [会場]山形美術館1、山形まなび館、フォーラム3

 なぜ本映画祭は30年ものあいだ歩み続けているのか。開催地にして発信地である創造都市〈山形〉を多様な視点で検証する「やまがたと映画」。「YIDFF30年:これまで、そして、これから」は、第一回開催の奮闘を記録した『映画の都』と、転換期を追う『映画の都 ふたたび』を通じて歴史をふりかえる試み。「東北芸術工科大学、科学研究費プロジェクト」では舞踏家・大野一雄の身体芸術をとおして山形を考える。2000年に山形でおこなわれた舞踏映像の初上映や、川口隆夫による、大野一雄にインスパイアーされたダンスパフォーマンス「大野一雄について」も予定。「映像で見つめるYAMAGATA」は新庄にあった日本唯一の雪害研究所を映像と証言で探る『雪国を、生きる! 〜雪調とは何か〜』ほか、県教育センター秘蔵の16ミリフィルムを上映。ほかにも映画祭参加者が持ち寄る8ミリフィルムを楽しむ「ホームムービーの日」、県内映画館に関する貴重な資料展示、伝承文化の映像上映など。次の30年へ向かうためのプログラムに刮目せよ。


映画の都監督:飯塚俊男/1991/98分
映画の都 ふたたび監督:飯塚俊男/2007/90分
O氏の肖像監督:長野千秋/1969/65分
O氏の曼陀羅 遊行夢華監督:長野千秋/1971/119分
O氏の死者の書監督:長野千秋/1973/88分
大野一雄、元藤燁子舞踏の会(ループ展示)2000
雪国監督:石本統吉/1939/40分
炎とビル ―酒田大火―27分
最上川のうた ―茂吉―46分
やまがた舞子 〜 受け継がれる伝統芸能監督:佐藤広一/2019/26分
ほか

展示
やまがたと映画館

シンポジウム
  • 新たな創造都市拠点設立へ向けて
  • イメージの時空間 映像アーカイヴの多角的展開にむけて2

  • イベント
  • ダンスパフォーマンス大野一雄について
       参加申し込みフォーム ※入場無料ですが、人数制限のある会場のため、必ずお申し込みの上ご参加ください。
  • ホームムービーの日 in YIDFF 2019
    映画祭ゲスト・関係者が持ち寄る8ミリフィルム上映。ラインアップは期間中に配布されるチラシまたはFacebookで!